quelle couleur.

いろんな色に包まれて・・・
ARCHIVE + RECOMMENDCOMMENTLINK + INFO
200Q natsu | quelle couleur.

<< 200Q | main | Jonathan Borofsky >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

200Q natsu


この夏、あまり本を手にすることが無く
手に取った本も、あまり僕には訴えてはこなかった。

むしろ200Qのこの世界で、二人の大事な友人を脳の病で失ったことが僕の心を揺さぶった。

二人とも僕より若く
一人はこの春に高校を卒業し進学。
文字通り高校以外の様々なものからも卒業した彼は僕に爽やかなメールを送り、
数日後眠るように逝ってしまった。

一人は僕よりやや若く、
四国からこの地の大学に進学し、
大学を卒業後、この地に残り、
飲食業を生業としながら、
この地を刺激し続けた。
やはり数日前にとあるスーパーで会話を交わし、
彼の愛する富士山登頂の途中に逝ってしまった。

二人とも最後に交わした言葉はさり気ないものだった。
別れとは実はそんなものだろう。

今一人脳の病で闘病中の友がいる。
半年以上意識が戻らず、病床を移されたと聞く。
彼と交わした最後の言葉もなにげないものだったのに、
今でもはっきりと覚えている。
しかし先の二人と違うのは、
再会を約束するものではなく、
不調を語る彼への自愛をするよう語ったこと。

夏が終わり秋がきて
僕は職場に戻ろうとしている。

200Qはもう終わりにしてほしい。
こんなに辛く苦しい夏は・・・


スポンサーサイト








彼の携帯には今も笑う姿と 小春ちゃんがいるよ
posted by 彰吾ママ | 2009/10/17 2:14 PM |